胸が小さいのがコンプレックスになっていて、それを解消するためにバストアップのサプリやマッサージなどを実践しています。

自分の胸が小さいと感じ始めたのは中学生の頃でした。中学生になるとみんなスポーツブラとかをつけはじめるのですが、私はまったくつけなくても大丈夫でした。

自分だけが置いてけぼりになった感じがして、とても恥ずかしい思いをしたんです。母親に言ってスポーツブラを買ってもらったんですが、友達に「なんでつけてんの?」とか聞かれてショックでした。

そして、中学3年生になっても一向に胸は大きくならずに、高校へ進学しても多少のふくらみはあるものの、やっぱりAカップで止まってしまいました。

母親もそんなに大きな胸ではないですが、母親よりも小さいかもしれません。ちなみに父方のほうは胸が大きい人が多かったので期待したのですが、遺伝は受け継がなかったようです。

胸の大きさは女性ホルモンの分泌が関係するというのですが、たぶん中高生のときに胸のコンプレックスに悩みすぎて、女性ホルモンのバランスが崩れたんじゃないかとおとなになった今そんな気がしています。

今はポジティブに捉えて、そんなことを言ってる場合でもないし、無いものを求めてもしょうがないので、少しでも大きくなるように、または大きく見せるようにできればと思っています。

最近はバストアップサプリも流行っていて、プエラリアという成分が女性ホルモンに似た働きがあるそうで、飲んでいます。

あとは、やっぱり乳房に栄養を届けやすくするために、血流を促すようなマッサージもしています。

お風呂上がりの体が温かいうちに、ボディクリームを使ってバストマッサージをしているんです。

効果はまぁまだあまり実感はしていませんが、とりあえず続けてみようと思います。

それでもどうしようもない感じになったら、もう筋肉をゴリゴリに鍛えてマッチョを目指すのもいいかなぁなんて考えています。

モテフィットの評判とは