いたるところで所で見聞きするメタボリックシンドロームという言葉ですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味を指します。

つまり、メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が蓄積しているという状態だけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を引き起こしている状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす原因になり、実際に体脂肪率が高くなっている人は気を付けなければなりません。

普段の良くない生活習慣、つまり運動不足や暴飲暴食などが原因となって起こるものといわれています。これを予防する方法としては、日頃から軽いジョギングなどの有酸素運動をしたり、筋肉トレーニングをすることで運動不足とならないようにしながら、食事の内容も見直し、身体にたまってしまった脂肪を減らしていくことです。中年になると、このメタボリックシンドロームに陥る人が急激に増えてくると言われています。さらに今では食生活の欧米化などのせいで年齢に関係なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームになる危険性を秘め、いわゆる「予備群」として存在している人がたくさんいるといわれています。

メタボリックシンドロームに陥る原因は、言うまでもなく体脂肪が増えてしまう身体にあるということは忘れてはなりません。身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間が本来保っている機能の一つで、人が生きていくためにどうしても必要な機能です。先天的に太りやすい、体脂肪を蓄えやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子を持っている人は、そうでない人よりもさらに真面目に食生活を見直して整えていく必要があるでしょう。肥満度が高くなりすぎるという状態は、どうしても身体に悪い影響を与えてしまいますから、そうならないようにしっかりと予防していくことが大切になります。

体脂肪率をきちんとチェックして、生活習慣病の原因となる恐ろしいメタボリックシンドロームに陥らないように心がけましょう。

マジカルシェリー 口コミ 評判 骨盤矯正 ダイエット