男性でダイエットをしている人の中には、ただ痩せるだけではなくてたくましくカッコいい逆三角形ボディを手にしたい人も多いことでしょう。

理想の逆三角形ボディを手に入れる為には、適切な筋力トレーニングが必要になります。

まず、理想的な逆三角形ボディを手に入れる為に効率よく鍛えたい部分ととうのが、「三角筋」「広背筋」「大円筋」の三カ所になります。

三角筋は肩や腕を動かすための筋肉で、さらに細かく「フロントディルド」「サイドディルド」「リアディルド」の3つに分かれます。

逆三角形ボディを目指すのであればサイドディルドをメインに鍛えると良いと思います。

広背筋は腕を後ろに引っ張るときに使われる筋肉です。広くて頼りがいのあるシルエットの為には、特に方に近いジョブ繊維と呼ばれる部分を鍛えるのが良いでしょう。

大円筋は広背筋をサポートする筋肉です。ここを鍛えると逆三角形がより強調されるシルエットとなるため、筋力トレーニングには外せません。

世の中には太りたくて筋力トレーニングをする人もいます。上半身が太りたいガリガリ男の【体重を増やす筋トレとプロテイン】

いずれにしても、鍛えるべき部分を効率的に鍛えていく事が、理想のボディを手に入れる最短ルートになります。