有酸素運動というのは、全身を使う運動のことです。代表的なものはランニングですね。足を使って運動していますが、体全体のカロリーを消費して運動をしています。

有酸素運動とは代謝を良くしてヘモグロビンを生成するということで、糖質と脂質と酸素の三つを消費することができます。ダイエットとしては定番ですね。それだけ効果があるということです。しかし、有酸素運動には弱点があります。

それは有酸素運動によって体に負荷を抱えるほど運動しなければいけないということです。つまり、ちょっと走って疲れる前に止めてしまっては効果がないということですね。筋トレが限界を超えなければ筋肉がつかないのと同じで、有酸素運動もある程度の運動量にならないと消費に繋がってきません。

有酸素運動をしても痩せないという人は、もっと有酸素運動をする時間を増やして、自分に負荷をかける必要があります。有酸素運動は飽きやすい運動でもありますので、ポケモンGOなどゲームと連動すると続きます。