年齢を重ねるごとに、お腹周りの脂肪は落ちづらくなってきますよね。
お腹の脂肪を落とす方法は、「食事制限」と「運動」です。
食事制限では、食事を抜いてダイエットをする人がいます。
即効性があり、すぐに体重が落ち、お腹がへこみますがこれはあまりお勧めできません。
なぜなら、リバウンドしてしまうからです。
何度もリバウンドしてしまうと、痩せにくい体になってしまいます。
ですから、栄養のバランスのとれた食事を、適量取ることがダイエットには最適です。
次に、運動です。
お腹の脂肪、特に内臓脂肪を落とすのに有効なのが有酸素運動です。
ウォーキングやジョギングなど、呼吸をして酸素を体に取り込みながら続ける運動のことです。
以前は20分以上続けて運動すると、脂肪が燃焼し始めるということが言われていましたが、最近の研究では、20分未満の運動でも脂肪を燃焼したり、細切れで運動し20分以上運動を続けても同等の効果があるということがわかりました。
毎日20分以上続けて運動すると考えると続かなそうですが、空いた時間に少しずつ行えば何とかできそうですよね。

フルーツ青汁 痩せないについてはこちら