20歳のころからずっと今もタバコを吸っています。私は最近肺だけではなく、体の不調や吐き気を感じたり、また、気分が悪くなることが多くなりました。ですが、タバコはもう5年間も毎日吸っているのでやめられません。

ダメだと思い、途中で何度もやめようと思ったのですが、どうしてもまた吸いたくなってしまい、タバコをやめた時に暴食などしてしまい、御飯を食べたらタバコが吸いたくなってしまい、負のスパイラルがずっと続いていました。しかし、そんな状態からやっと禁煙に成功しました。禁煙のきっかけは一つです。

 

病院に行ったところ先生に「このままであれば10年以内に死んでしまいます。」と、言われてしまったことです。さすがに、自分の命には何事も変えることができません。タバコ一本でも吸ってしまうと、少しずつではありますが寿命が減っているんだと、その時改めて実感しました。今では健康を非常に気にかけて生活しています。

 

土日にはマラソンをしています。タバコを吸っていた時は、50メートルも走れなかったのですが、今では2キロ近く走れるようになり、自分の体が少しずつですが健康的な体に変わっていっているのだと感じます。もちろん、今でもタバコが吸いたくなる時がたまにあります。特に、居酒屋に行った時ですね。周りの同僚がタバコを吸っているところを見ると、本当に吸いたい気持ちが高まります。

 

しかも「あれ?タバコやめたの?一本あげるから一本くらい吸ってみれば?」と誘惑されます。それでもやはり自分の命が大事ですし、健康が第一に重要だと、今は本当にわかっているので、しっかり断ります。タバコをやめてからというもの、食事は美味しいし、体も軽いし、朝も辛くないし。やはりタバコを続けるのは体に良くないですね!

フレッシュフルーツ青汁 ダイエット