ダイエットを行い、体重を減らすことができたのに、ダイエット以前の体重まで戻ってしまう人は多いようです。せっかく痩せることができたのに、ダイエット前の生活に戻したら、ダイエット前より体重が多くなったりします。リバウンドと呼ばれているこの現象は、ダイエットをして一時的に減った体重が、再び増えてしまうというものです。多くの人がダイエットに成功してもリバウンドしてしまうものなので、ダイエット後も引き続き体の管理を続けることが必要になります。ダイエットを頑張ったとしても、リバウンドが起きてはもったいない話ですので、対応策を考えておくことです。ダイエットをしている時、極端な食事制限によって摂取できるカロリーの量を少なくしすぎると、体は飢餓状態に陥ります。飢餓状態になった体は、一日に使うカロリーを少なくすることで、少ない食事でも耐え抜こうとします。そんな状態にある体に、ダイエット以前の量の食事をとると、体はカロリーを少しだけ使い、余った分を貯めておこうとします。より蓄えが多いほうが、食事の供給が途絶えた時でも生き残りやすくなりますので、その後しばらくは食事量を戻しても、体は脂肪を作り続けます。リバウンドの予防としては、食事制限だけでなく適度な運動も取り入れながらダイエットを行うことが良いと言われています。あまり運動をしない生活をそのまま継続していると、筋肉が徐々に弱ってきて、脂肪が燃えにくくなります。運動を続けていると全身の筋肉を増強することが可能で、筋肉で使うカロリーの量が減らずに済みますので、代謝が高いままでダイエットが起きにくくなります。
http://alimentosdemexico.com