リバウンドが起きたせいで、ダイエットをしたけれど結果的には痩せられなかった人がいます。ダイエットを成功させるには、ダイエット中の停滞期に入った時に、どのような対策をしてリバウンドを回避するかにかかっているといえます。人間の体には、ホメオスタシスという機能が備わっています。この機能があることが、ダイエットで停滞期が発生する理由です。ダイエットのために、カロリー制限などをすると、人体はエネルギー供給量が少なくなったことを受けて、代謝を減らして対応しようとします。食事の減らし方をゆっくりにすることで、体が危機的状況を察知することはなくなりますので、ホメオスタシスが機能することはありません。現在の体重の5%を失ったり、食事制限を開始してから1カ月が経過した場合などに、人体は異常事態を感じとり対応するようになります。急に体重が減ったり、カロリー制限を長く続けていると、体はできるだけ不要なエネルギーを使わないようにするために、体重が減りづらい状態になります。人によって期間の差はありますが、ダイエット時の停滞期はおおよそ1カ月程度です。どんなにダイエットを頑張っても結果に結びつかなくなりますので、停滞期に入るとダイエットを挫折してしまう人が少なくありません。リバウンドが起きるのは、特に停滞期にダイエットをやめてしまった場合です。反動がきて、ダイエット前以上に太ってしまうこともあります。ホメオスタシスが働いたことによって、停滞期に入っていると代謝が下がり、カロリーが脂肪になりやすくなっているということを、知っておくことが大事です。リバウンドは、せっかくのダイエットの努力を全て無にしてしまいかねません。ダイエットをする時はリバウンドが起きないよう、体への負担のかからない痩せ方がおすすめです。
http://eroticartgarden.com