停滞期に入ったからといって、ダイエットを中断したり、諦めたりしなければ、きっと体重を減らすことができます。停滞期が来たときにどのようにして乗り越えるかが、ダイエット効果を高めるためには大事なことです。空腹をこらえ、苦手な運動を続けていても、停滞期になると結果が出なくなりますので、くじけそうになります。停滞期のことを理解して、体重が減らない理由を知ることができれば、随分と気分が楽になります。誰でも停滞期になるということが理解できていれば、停滞期になったからと苦しむこともありません。ダイエットを成功させるために大事なことは、適度な運動と、カロリーコントロールです。野菜や果物など、健康にいい栄養を偏りなく摂取し、一日で使い切れるカロリー量の食事になるようにします。食事を改善することだけでなく、体を動かして筋肉を強化することで基礎代謝が上がります。体の筋肉量が増えれば、その分新陳代謝もよくなりますので、体内のカロリーが消費されやすくなり、ダイエットに有効です。食事内容を見直して、運動を行うダイエットを始めると、最初のうちは順調に減量をすることができても、しばらくすると体重が落ちにくくなる停滞期に入ることがあります。適切なダイエットができていれば、停滞期は発生するものです。停滞期になって当然と捉えて、ダイエットをそのまま継続することです。ダイエット中の停滞期は、しばらく続いた後、終了してまた元の状態に戻ります。停滞期が終わればまた体重は減りますので、気にすることはありません。
http://eabweb.com