しばらくダイエットを続けていると、体重が減らなくなる停滞期に差しかかることがあります。せっせとダイエットにいいことをしているのに、停滞期は効果があがりませんので、気持ちも盛り下がります。停滞期をどのようにやり過ごすのかが、ダイエットを失敗しないでやり遂げるためには重要になっています。多くの人が、ダイエットを中断した時とは、停滞期のさなかだったと思っているようです。停滞期に差し掛かると、ダイエットを始めたばかりのころから減っていた体重の変動が、なくなってしまいます。体重が減らないで、停滞している期間が長引いていると、だんだんと気持ちが不安定になっていきます。頑張っているのに全然痩せることができなくて、精神的にもストレスがたまってしまい、うっかり食べ過ぎてしまったという人もいるようです。今の体重の5%が急激に減ると、人間の体は非常事態に陥ったと解釈して、停滞期にすることが体を守ろうとします。短期間で、体重が5%ほど減少すると、非常事態が発生していると体は判断しますので、生き残りのためにエネルギー代謝を減らします。人の体は、エネルギーを使いたくないという状況では、基礎代謝を下げることで一日に必要なエネルギーをカットしようとします。停滞期は、どんな長くても1週間から1カ月くらいで終わります。大事なことは、停滞期中にダイエットを放棄しないことです。停滞期を過ぎれば体重が減るようになるので、途中で断念することなく、こつこつと続けることが、ダイエット成功のためには必要なことです。
http://louisa-janeflorist.com