健康面というと食事がポイントと言いますが、初夏気温になりつつある連休前の気温に日本茶もいいなと思い毎日飲んでいます。

カテキンも豊富に含んでいるため冬時期なら風邪予防になるもの、春~初夏ならばさわやかな風味とかおりで新緑の季節にぴったり

緑茶はうがいにもぴったりです。

急須で入れた緑茶を冷ましてうがいすると殺菌効果が高いため、初期の風邪なら緑茶のうがいで治ります。

水でするよりもすっきりとして効果抜群ですよ。

コーヒーやビールなどもそうですが、日本茶もポリフェノールやビタミンCが豊富、老化防止効果もあり抗酸化作用が良いものですね。

長寿の人は1日に4杯など日本茶を飲んでいると聞きますし、老年になる前からお茶でも飲んでポリフェノール効果にしていれば、気分もさっぱりでイキイキと暮らせそうです。

食事面では毎食の野菜を欠かさないことも日常習慣、初夏気温ならば季節の身体にフィットするサラダでもいいし、ごはんならば味噌汁も。味噌汁は野菜が具沢山でもたくさん食べれますし、美味しいですよね。

ちゃんとした食事ならば精神面もほっとできたりするので、味噌やごはん成分のアミノ酸効果と言えるかな、おいしい物は健康になれる基礎です。

年齢なりに不足しているかなと感じる点はサプリメントで補うと良いそうです。熟年齢だからこういうサプリメントがいい効果になるようです。

運動量は体力なりのこと、スポーツ習慣でもあれば運動量多いですが、ポピュラーとすれば歩くのが一般人の良い運動です。

多少のストレスありでも食事や軽い運動、おやつで好みの物として気分転換します。

B-UPの効果がいつからか知りたい!